超簡単なスピンアプローチ。ダウンブローは「イン to アウト」

レッスンでアプローチのスピンのかけ方について聞かれたのでアドバイスしました。

初心者の方もぜひ参考にしてください。
超簡単なスピンがかかるアプローチはダウンブローで軌道は「イン to アウト」です。

アプローチでギュギュッととまるスピンボールかっこいいですよね。
スピンをかける時はカットに打つと思っている方意外と多いかもしれませんが、実はドロー回転をかけるようなIn to Outの軌道の方がスピンが多くかかるって知ってましたか?

スイングの軌道と入射角の関係はGEN-TENで書いたブログでも紹介しています。

こちらのトラックマンの動画も参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ゴルフ活動家
ゴルフでライフスタイルやビジネスを豊かにするための活動をしてます。詳しくはプロフィールページをご覧ください。

目次
閉じる