10分で20種類のゴルフ上達ワークアウト(柔軟性):ゴルファー向け自宅トレーニング

家籠りが続いて運動不足という方も多いと思ったので、自宅でもできるゴルフ上達のためのワークアウトを作ってみました。
わずか10分で20種類の運動を取り入れて、ゴルフスイングで使う身体の柔軟性を向上させることができます。

10分で20種類のゴルフ上達ワークアウトの特徴

・軽い運動強度で無理なく続けられる。
・ゴルフスイングのパフォーマンスを上げる効果がある。
・トレーニング器具を一切使わない。
・全て立位で行えるため場所をとらない。
・自宅でも騒音や振動をたてないため迷惑にならない。
・テンポの良い音楽を聴きながら楽しくできる。

というポイントを意識してビデオを作りました。
ぜひ試してみてください。

トレーニングメニュー

1.足首のストレッチ
2.アキレス腱のストレッチ
3.裏腿のストレッチ
4.前腿のストレッチ
5.腸腰筋のストレッチ
6.お尻のストレッチ
7.股関節のストレッチ
8.背伸び
9.外腹斜筋のストレッチ
10.回旋筋群のストレッチ
11.肩関節のストレッチ①
12.肩関節のストレッチ②
13.肩関節のストレッチ③
14.背中のストレッチ
15.お腹のストレッチ
16.右手首のストレッチ
17.左手首のストレッチ
18.首のストレッチ①
19.首のストレッチ②
20.深呼吸

可動性トレーニングとセットで行うとより効果的です

ゴルフのトレーニングは柔軟性の向上→可動性の向上→安定性の向上→筋力の向上の順番で段階的に発展させると効果が高いと言われています。
今回の動画は下の可動性を高めるトレーニング動画と合わせて交互に行うとより一層効果的です。

投稿者:

大矢隆司(Takashi Oya)

ゴルフコーチ、日本とタイを行き来しながら新しいワークスタイルも研究中です。 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

コメントを残す