「自然」と「人」との触れ合いが健康につながる。ゴルフで健康になる理由。

これまで私のブログではゴルフの健康効果について度々取り上げています。

この他にもゴルフをしているだけで健康になれるというデータは多数存在しています。

目次

自然との触れ合いと副交感神経の活性

2016年にイギリスのダービー大学が行った研究では「自然とのふれ合いはどれだけ体にいいのか?」を調べるために、871名分の過去のデータから、「自然とのふれ合いにより、確実に人体の副交感神経は活性化する」という結論を出しました。
副交感神経は気持ちが穏やかなときに働き出す自律神経で、回復系神経とも呼ばれ呼吸や血液の循環、胃や腸の消化を促進し、日中にたまった疲れやダメージを回復させる働きを持っています。
その副交感神経の働きを示すデータが一般的には効果量が0.5を超えると「効果大」と判断される中で、森林浴や自然でのアクティビティをしたグループでは「d=0.71」になったという効果も出ています。
これはマッサージやエステに代表されるようなラクゼーション法でも、副交感神経の活性レベルが「0.57」と報告されていることから、ゴルフのように緑に囲まれて自然とふれ合うことが健康に良いということが分かります。 孤独と健康

孤独と健康

また2010年アメリカ合衆国の名門私立大学の名門市立大学であるブリガムヤング大学による2010年の研究によると、「孤独と健康」に関する研究から31万人分のデータを精査し、人間の寿命を延ばす効果が高い要素を抜き出しました。その結果は「良好な社会関係」の数字がずば抜けており、孤独だった人に友達ができた場合は最大で15年も寿命が延びる傾向があったそうです。
孤独が解消されることでの健康効果はエクササイズの約3倍に当たり、禁煙よりも「友人」のほうが影響が大きいと言われています。

さらにハーバード大学が行った約80年間にわたって724人の人生を記録し続けた「成人発達研究」でも、研究のリーダーであるロバート・ウィルディンガー教授は「彼らの人生から得られた、何万ページにもなる情報から明らかになった事、それは富でも名声でもがむしゃらに働く事でもありません。私たちの体を健康にし、心を幸福にしてくれるのは『良い人間関係』です。これが結論です」と述べました。
鈴木祐. 最高の体調 (ACTIVE HEALTH) (Japanese Edition) (Kindle の位置No.1047-1050). Kindle 版. まとめ:ゴルフで実感する幸福

まとめ:ゴルフで実感する幸福

確かにゴルフを通じた成長の実感というのは、モチベーションをもってゴルフを続けていくためには大切な要素の一つではありますが、もっと大切なことは、ゴルフを通じて得られる健康的な生活や新しい仲間との出会いを通じて人生の幸福を実感することではないでしょうか?
上達することだけにとらわれず、心からゴルフを楽しむ気持ちを忘れないようにしましょうね。

取材、セミナー、コンサルティング等のご依頼はお問い合わせフォーム、もしくは各種SNSのダイレクトメッセージよりお願いいたします。

この記事を書いた人

ゴルフ活動家
ゴルフでライフスタイルやビジネスを豊かにするための活動をしてます。詳しくはプロフィールページをご覧ください。

目次
閉じる