『14歳からの社会学』に学ぶ毛繕いの大切さ:note

社会学博士の宮台 真司(みやだい しんじ)さんが2008年に書いた本「14歳からの社会学」を読みました。


友達って?家族って?会社って?
そんな私たちの周りにある「みんな」について書かれた本は、タイトルの通り中学生でも分かるように、社会とは?について知ることが出来る。
この本を読んで、新しい社会が向きあう孤独の問題、そして私たちゴルファーとゴルフ場の在り方についても考えてみた。

続きはnoteからご覧ください。

この記事を書いた人

ゴルフ活動家
ゴルフでライフスタイルやビジネスを豊かにするための活動をしてます。詳しくはプロフィールページをご覧ください。

目次
閉じる