月刊カジュアルゴルフ2020.09号 正確に答えられますか?ハイコンテクストで理解する「フェード」と「スライス」の違い

月刊カジュアルゴルフ9月号に掲載されたコラムです。

月刊カジュアルゴルフのウェブマガジンはこちらからご覧になれます。

レッスンでよく質問されるフェードとスライスの違い。皆さんは分かりますか?私の経験上10人に同じ質問をすると4通りくらいの答えが返ってきます。曲がりの幅、意図的か否か、ターゲットに向かっていくか、フェードを定義するために語られる要素はたくさんあります。
驚くかもしれませんが、実はフェードボールには明確な定義が存在していないのです。え?明確な定義がないってどういうこと?と思うかもしれませんが、フェードとスライスの違いはニュアンス(言外に表された話し手の意図)によって決まるのです。これをコミュニケーションの世界では「ハイコンテクスト」と呼びます。「ハイコンテクスト」とは、コミュニケーションを取る者同士での「コンテクスト(文脈)」が共通認識としてあり、雰囲気や空気を察しながらお互いに”なんとなく”理解し合えるというコミュニケーションのことを言います。”フェード”とは実はゴルファーの中で阿吽で伝わるハイコンテクストな表現なのです。
もし私の言っていることが嘘だと思ったら、ためしに「スライス フェード 違い」や、英語で「what is the difference
between fade and slice in
golf」でもググってみてください。全て語り手なりの理解でフェードが表現されていることが分かりますよ。みなさんがイメージするフェードボールはどんなものですか?私も自分のブログでフェードボールについて詳しく書いてみましたので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

この記事を書いた人

ゴルフ活動家
ゴルフでライフスタイルやビジネスを豊かにするための活動をしてます。詳しくはプロフィールページをご覧ください。

目次
閉じる