ゴルフで運動不足解消?プレー時の歩行がもたらすゴルフの健康効果

月刊カジュアルゴルフ7月号に掲載されたコラムです。

雑誌はウェブマガジンでもご覧になれます。
Casual Golf Web→

続きを読む ゴルフで運動不足解消?プレー時の歩行がもたらすゴルフの健康効果

習慣化までの日数は?

ゴルファーからの質問の中に「これ、どのくらい練習すれば身につきますかね?」という質問を受けることがあります。
“身に付く”とは無意識にできるということなので、これは言い換えれば『習慣化された状態』ということになります。
それでは行動や技術が習慣となるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?
またゴルフに限らず、読書や運動などの習慣を手に入れるにはどうするのが良いのでしょうか?

Headline

・1.)21日間で習慣化される「習慣化21日説」
・2.)66日間で習慣化される「習慣化66日説」
・3.)習慣化のポイントは3つ
・習慣化は”やってみないと分からない”
・習慣化には”時間がかかる”
・習慣化に”ミスは許される”

続きを読む 習慣化までの日数は?

プロゴルファーとラウンドしたら幾ら払えばいいの?

Youtubeで拝見していたSho-timeゴルフさんのTwitter投稿が目に止まりました。

「プロと回るのに金を払ってもらえない」「こちらからお金くださいとは言いづらい」「プレー代を出してもらっても交通費などで結局赤字」

これはゴルフコーチやプロゴルファーに限らず、おそらく多くの無形サービスを提供するフリーランスが抱える問題だと思います。
実際に私の周りでも一緒にプレーをした方から、お金を頂くという行為に悩んでいる人がいます。

一方でアマチュアゴルファーの立場からすれば、いくら払っていいのか分からないし、「そもそもお金がかかるなんて聞いてない」というのが本音だと思います。

私たちが勘違いしてはいけないのは、ほとんどのお客様は支払う気がないのではなく、支払うべきかどうかも、いくらが妥当なのかも、ただ知らないだけなのです。
そしてこの問題は双方が感情(気持ち)の問題と認識してしまう事が原因なのです。

今回はなぜそのような問題が起こってしまうのか、またどうすれば良いのかについて私なりの意見を述べると同時に、プロゴルファーの事例を中心に、同様に無形サービスを提供するフリーランスの方達にも参考になれば思い書いてみました。

続きを読む プロゴルファーとラウンドしたら幾ら払えばいいの?

コロナ禍で各国のゴルフ協会が示したメッセージの重要性

Covid-19はゴルフが盛んなアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも猛威をふるいました。

多くのゴルフ場が閉鎖したり、利用に制限を設けたりという対策をしてきましたが、徐々に感染者数が減少が確認されている最近ではゴルフ場の営業を再開する動きが広がっています。

感染拡大を防止しながらゴルファーと施設を守るために、コロナ時代の新たなルールやプレーマナーを遵守する必要があるとして、3月末にはUSGAが、4月末にはR&Aが、それぞれプレー方法についてのガイダンスを発表しました。

加えて5月3日から再開したタイのゴルフ場やゴルフ協会から日本人向けのルールの翻訳を依頼されたこともあり、私が感じたコロナ禍で各国のゴルフ協会が示したメッセージの重要性について書いてみたいと思います。

続きを読む コロナ禍で各国のゴルフ協会が示したメッセージの重要性

月刊カジュアルゴルフ2020.06号 人は自分の能力を正確に評価することができない…それが上達を阻む要因です。

月刊カジュアルゴルフ6月号に掲載されたコラムです。

続きを読む 月刊カジュアルゴルフ2020.06号 人は自分の能力を正確に評価することができない…それが上達を阻む要因です。