ボールの真後ろから方向を確認しているのにアドレスで右に向いてしまうのは、左のレールを使っていないからです

久しぶりに日本でGEN-TENのレッスンの動画を撮りました。

アドレスで真っ直ぐ向いているつもりなのに、いつも右を向いていると指摘されているあなた。
ボールの真後ろから方向を確認しても、右を向いてしまうのには訳があります。

ゴルフの構えの基本「パラレルレフト(平行に左)」ですが、これはターゲットラインとフットラインという2本のラインが存在していることを意味しています。

多くのゴルファーはターゲットラインの後方からエイミングをしていますが、そこから実際に構えるのはフットライン上に移動をします。
よくアライメントを説明する時に電車のレールに例えられますが、これはターゲットライン(右のレール)からフットライン(左のレール)に移動することを意味します。

右に向いてしまいがちな人は、最初から左のレールを使うと良いですよ。

Powered by

投稿者:

大矢隆司(Takashi Oya)

ゴルフコーチ、日本とタイを行き来しながら新しいワークスタイルも研究中です。 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

コメントを残す