プロフェッショナルに求められる批判に耐える覚悟

私たちゴルフコーチもプロフェッショナルと呼ばれる仕事の一つです。

プロフェッショナルとは、
専門家。本職。プロ。⇔アマチュア。(デジタル大辞泉の解説)
ですが、専門家や本職と呼ばれるためには、どんな経験や知識が必要なのでしょうか。

続きを読む プロフェッショナルに求められる批判に耐える覚悟

読書ログ『投資家みたいに生きろ: 将来の不安を打ち破る人生戦略』

夫婦2人が95才まで生きると老後資金2000万円が不足するという「老後2000万円問題」。
そんな現代において、投資家の筆者が出した回答は「元気でいる限り長く働き続けること」「将来に備えて収入の一部を投資に回すこと」という2つ。投資家という仕事の中から見えた解決法を提案した内容です。

著者の藤野英人さんのFacebookはフォローしていることもあり、普段の投稿も拝見しているのでその投稿の内容も含めて非常に共感できました。

続きを読む 読書ログ『投資家みたいに生きろ: 将来の不安を打ち破る人生戦略』

ゴルフで生まれる独創力

私は一時期「瞑想」にハマって、マインドフルネスのワークショップを半年間ほど受けたり、ゴルフ用の集中トレーニングでも使われるFOCUS BANDを使って集中のトレーニングをしたりしてきました。

瞑想も含めて、脳の休息には「何もしない」ことが有効だと分かっていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

先日フォーブスジャパンにイーロン・マスクらが実践 「何もしないこと」で生まれる独創力という記事が出ていたので、これについて思ったことを書いてみたいと思います。

続きを読む ゴルフで生まれる独創力

ゴルフコンディショニングプログラムとは

The Golf retreatのサイトにゴルフコンディショニングに関する記事を投稿しました。

ゴルフコンディショニングプログラムはNESTAが発行するゴルフコンディショニングスペシャリストの認定を受けたインストラクターが実施する、ゴルファー向けのフィジカルコンディショニングプログラムです。

続きを読む ゴルフコンディショニングプログラムとは

ゴルフが上達しないのは「人は自分の能力を正確に評価することができない」からです。

ゴルフの上達のためには自分に合った練習の難易度や、クラブのスペックを選ぶ必要があります。

しかし実際には、プロがこの練習をやっているからとか、プロが使っているから、という理由でそのスイング理論や練習方法、クラブなどを真似ることで上達しようと思うことがあります。

もちろん、そこには憧れなどもあるのですが、なぜ私たちは本来必要な基礎的な練習ではなく、上級者やプロがやっているスイングに取り組んでしまうのでしょうか?

その最も大きな原因は、「人は自分の能力を正確に評価することができない」ということが挙げられるのではないでしょうか?
あなたは自分の能力を適正に評価することができていますか?

Headline

・1.)下手な人ほど自分の能力を過大評価してしまうという罠
・2.)なぜ人は自分の能力を過大に評価してしまうのか?
 ・自身の能力が不足していることを認識できない
 ・自身の能力の不十分さの程度を認識できない
 ・他者の能力を正確に推定できない
・3.)熟達者の方が謙虚な理由
・4.)正しい評価はフィードバックと学習によって得られる
・5.)賢人たちの教え

続きを読む ゴルフが上達しないのは「人は自分の能力を正確に評価することができない」からです。

日本よりも豊か?!QOLが高い タイ(ホアヒン)の普通の1日を紹介します。

こちらは先日のある滞在のときに私が借りていた部屋です。起きた後にとったので汚くてすみません..。

部屋は今は固定のところは借りていなくて、airbnbなどを使って目的に応じて都合の良い場所に滞在しています。

よく、日本はストレスが多いというような話を聞きますが、私は日本にいても満員電車も乗らないし、オフィスにも出勤しないので全然ストレスというストレスを感じないのですが、海外とくにアジアはノンビリしていてQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が高まる感じがします。

Headline

・1.)何もない1日の流れ
 ・起床
 ・仕事
 ・洗濯
 ・ぼーっとする
・2.)日本の生活と比較して

続きを読む 日本よりも豊か?!QOLが高い タイ(ホアヒン)の普通の1日を紹介します。