ワーケーション 5DAYs at タイ(住居編)

さて、前回に持ち物の紹介とし「ガジェット編」「衣類 & カバン編」をアップしましたが、準備もそこそこに出発の日を向かえました。今回はLCCのエアアジアさんで渡航です。

LCCに搭乗するときに注意したいのは手荷物の制限だけではありません。機内食や飲み物、ブランケットのサービスもないし、機内でのビデオオンデマンドも使えません。オプションで購入する形になるので、購入しない場合は自分で予め準備をしておきましょう。

私は今回平野啓一郎さんの「私とは何か」をkindleでダウンロードして移動中に読んでいました。
本の感想はまたブログでシェアしたいと思います。

さて、名古屋を出発して読書をしていたら、6時間ほどであっという間にバンコクに到着です。

空港を出たらさきほどまで雨が降っていたのか虹が出ていました。

そしてバンコクから今回のワーケーションの地であるホアヒンに移動します。

ホアヒンを選んだ理由は、GEN-TENやTGRでも使用しているスプリングフィールドロイヤルがある場所で、何度も訪れていて土地に馴染みがあるのと、バンコクのような喧騒はなく、静かな保養地のような雰囲気が好きでお気に入りの場所です。

到着がすっかり夜になってしまったのでホテルに泊まりました。2000バーツ(当日のレートで6800円くらい)でしたがすごく素敵なホテルでした。


ホテルの目の前のビーチに出てみたらちょうど月明かりが海に射し込んで素敵でした。

そして翌日にAirbnbで予約していたコンドミニアムに向かいました。


なかなか快適なお部屋です。料金は1日あたりで約3,000円程度です。
料金は予約時期や日数によっても変動するので、もう少し早い時期に長く借りるとお値打ちになります(^^)
ジムやプールはだいたいどこのコンドミニアムにも付いています。日本の生活とは違ったバケーションライフには不可欠です。

洗濯はコンドミニアムにもランドリーが付いているのですが、私はだいたい洗濯屋さんにお願いします。

1kgで80-100バーツくらいで洗濯してアイロンまでかけてくれます。なので衣類はだいたい4日分くらいまでしか持って行きません(^^;

せっかくのワーケーションなので、洗濯や食事などの家事はできるだけ省いて自分の時間をしっかり作れるといいですね。

「ワーク&バケーション編」に続きます。

投稿者:

大矢隆司(Takashi Oya)

ゴルフコーチ、日本とタイを行き来しながら新しいワークスタイルも研究中です。 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

「ワーケーション 5DAYs at タイ(住居編)」への1件のフィードバック

コメントを残す